花が散ると・・・

TOPICS

こんにちは、スタッフEです!
ゴールデンウィークが終了し、やっと仕事モードにギアチェンジしつつある今日この頃です[:楽しい:]。
私と私の旧友の計4名でゴールデンウイーク中に飲み会をしよう[:グッド:]という話が持ち上がり、3月末から日程の調整等を行っておりました。4月も末となり、さあ、いよいよ[:ビール:]!と勇んでいたところ・・・・4名のうち1人は風邪で咳がひどい、もう1人はなんとインフルエンザ(トリインフルではありません)で参加不能との連絡が直前に入り・・・結局この企画はお蔵入りとなりました[:悲しい:]。そして私は、いつもと同じランニング尽くしのゴールデンウイークとなりました。ふと走りながら4月18日に会社関係で参加した奈良県桜井市の大神神社でとりおこなわれた鎮花祭のことを思い出しました。その祭りは大宝令(701年施行)にて国家の祭りとして定められた由緒あるお祭りです。春に花が咲き、その花が風で飛散する季節に、花びらの飛散とともに疫神が分散するのを鎮圧するためにとりおこなう、というものです。
散り去った桜の花びらとともにウイルスも飛散し、そして楽しく飲むはずであった友人達の元にその疫神が到来・・・[:唖然:]の図が鮮明に頭に浮かびました。確かにこの時期は体調不良になる人が多く、それは千年前から繰り返されてきたことなのかも知れません・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。