乾卯栄養科学の歴史

乾卯の歩み

1855年(安政2年)大阪道修町に近江屋の屋号で漢方生薬仲買商として創業

1855年大阪道修町にて近江屋の屋号にて漢方生薬仲買を商う旨「近江屋卯兵衛諸事控」に記載が残されており、
これより当社の創業
を1855年(安政2年)としました。

history01

history10

1880年(明治13年)初代 乾卯兵衛 父祖の商いを継承する

初代社長として、乾卯兵衛が父祖の商いを継承しました。

history02

history14

1905年(明治38年)中国満州(後に大連工場)より入荷する甘草の処理工場として難波工場開設

中国満州(後に大連工場設立)より入荷する甘草の処理工場として、難波工場を開設しました。甘草は医薬品や醤油の添加剤として使用されていました。

history03

history11

1911年(明治44年)蚊取り線香製造のため、堺工場を設立

蚊取り線香製造のため、堺工場を設立しました。

history04

history15

1913年(大正2年)中国満州に対する硫黄、硝酸の販売を目的として大連支店を開設

中国満州内での硫黄、硝酸の販売を目的として大連支店を開設しました。

history12

1914年(大正3年)大連工場開設、甘草エキスを製造し醤油醸造用として日本に輸出

大連工場開設、甘草エキスを製造し醤油醸造用として日本に輸出を開始しました。

1916年(大正5年)天津支店開設、その後、昭和20年まで、中国各地に支店工場を開設

天津支店開設。その後、昭和20年まで、奉天、新京、ハルピン、青島など中国各地に支店工場を開設しました。※終戦とともに全資産放棄

history16

1917年(大正6年)株式会社乾卯商店を設立

株式会社乾卯商店を設立しました。

1921年(大正10年12月)株式会社乾卯商店の食料品部が独立し乾卯食料品株式会社を創立

株式会社乾卯商店の食料品部が独立し、
乾卯食料品株式会社が創設されました。
育児用粉乳ラクトーゲンの総発売元となりました。

history05

history13

1933年(昭和8)入浴剤「オンセンス」の製造販売を開始

入浴剤「オンセンス」の製造販売を開始しました。

history07

history06

history17

1934年(昭和9年12月13日)乾卯栄養化学株式会社を設立(商号変更)

乾卯栄養化学株式会社を設立(商号変更)しました。