自律神経の切り替えをスムーズに。

TOPICS

こんにちは、スタッフEです嬉しい

2月19日、京都マラソン参戦、なんとか完走してきました・・・。

厳寒 雪 の京都・・・を想定していたものの、青空が広がるマラソン

日和晴れでした。

今回、術後の筋力低下に加え、視力の回復がままならない状態で見切り

発射的な参戦となりました。

筋力不足・・・はとにかく身に染みるほどに実感。途中で異様に足が重

くなり、今年は筋力回復のためのトレーニングに励むと心に誓いました。

そして、ほぼ右目は視力ゼロの状態で走っていたために京都マラソンの

心弾む素晴らしいコース風景を楽しむこともなく、暖かい声援を送って

くれた観客の方へ笑顔を向けることもなく汗・・ひたすらコケないよう、

コケないよう、ず~~っと地面を見つめて走っていました・・・。

もったいない気もしましたが、これがこの時の私のベスト、なので仕方

ありません。とにかく完走できたので上々の結果、と自分を鼓舞しつつ

この4日後、二度目の手術に臨んだのでありましたたらーっ

 

 

      温泉温泉オンセンス健康メモ温泉温泉 

花粉症を含め、アレルギー疾患は自律神経のバランスが乱れた時にその

症状が重くなりがちです。自律神経には、活動的な状態を担当している

交感神経と、リラックスや回復を担当している副交感神経があります。

この二つの切り替えをその時々に合わせてスムーズに出来なくなると

いろいろな体調不良が生じてきます。

夜になってもずっと交感神経モードのままでいると、体が休まらず、

不眠等の症状が出ることも。またずっと副交感神経モードだと、体が

だるい、眠い、やる気が出ない、などの症状に悩まされてしまいます。

上手に切り替えを行うために、ぜひお風呂を活用してみてください。

夜は39度から40度のぬるめのお湯にゆったりつかることで、心身

ともにリラックス楽しい、のんびりお風呂タイムを楽しむうちに、副交感

神経へとスイッチが切り替わります。

まただるくて眠い朝・・・は熱めのシャワーをさっと浴びることで、

交感神経のスイッチが入ります。

 

この時期ぜひお試ししてみてくださいね!

 

 

 

京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。