福岡国際マラソン

TOPICS

こんにちは、スタッフEです。昨日はロンドンオリンピック選考会のひとつ福岡国際マラソンがとり行われ[:ジョギング:]、お昼からテレビ放映もされておりました。この大会には市民ランナーの星[:おてんき:]川内選手が参加、市民ランナーの端っくれの私もお昼前からテレビの前にスタンバイして観戦しました。先頭集団がバラけ、トップ集団・二番手に分かれた時、川内選手はその二番手からも引き離されてしまい三番手集団となってしまいました。さらにその後テレビの画面から川内選手の姿が消えてしまいました。がっかりしつつ昼食を食べながら引き続きテレビを見ていると35キロ地点くらいから二番手集団を撮っていたテレビの画面に、チラっと小さく川内選手の姿が写りこみ・・そしてその姿がじょじょに大きくなっていく・・・[:びっくり:]。その後二番手集団の二人の日本人実業団選手に追いつき、デットヒートに[:ジョギング:][:ジョギング:][:!:]。フルマラソンでこんな息がつまるレースを見たのは初めてです[:冷や汗:]。昼食は喉を通らなくなり、箸を握り締めたまま画面に釘付けになりました。皆さんご存知の通り、日本人1位は川内選手でした。ゴールするやいなや倒れこむスタイルもいつも通り。が、川内選手より35秒遅れで日本人2位でゴールした今井選手は、ゴール後は対照的に苦しげな様子は一切ありませんでした。自らのリミッターをはずして限界まで力を出し切ることはトレーニングを積んだ選手でもなかなか出来るものではないことをこの2人のゴール後の姿を見て感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。