スーパーのろのろ

TOPICS

こんにちは、スタッフEです嬉しい
悪夢のぎっくり腰から1か月以上が経過し、スーパーのろのろ運転でランニングを再開したある日
自宅ポストにやってきました・・・。「京都マラソン参加案内」。
毎度大会前に「参加案内」が届くと気持ちがピリッとなり、参加する大会がいよいよ目の前に
せまってきたうれしさと不安が湧き上がってきます。順調にトレーニングも進み、体調もOK!グッド
な大会前は期待とうれしさ半分、不安半分、なのですが、今回この案内状がポストから出てきた
時は不安しか湧いて来ず・・・悲しい悲しい
日頃からネガティブシンキングな私は、大会途中でぎっくり再発病院(京都から大阪までどうやって
帰るんだーー!)、とか、目に余るのろのろぶりで退場させられるかたつむり、等々悪しき連想しか浮かび
ませんでした。
しかし、くじ運極悪あめの私がせっかくつかんだ京都マラソン当選のチャンスを逃すと、神様
から今後見捨てられそうな気もし、不安を払しょくするには行動を起こすしかない!!と、
腰に不安をかかえつつ、1月末の休日に30キロ走ジョギングに出かけました。
しばらくのトレーニング不足がたたり、のろのろ走って(歩いて??)いる内に、日もすっかり
暮れ 月、より一層テンションがダウン。前々日のトレーニングで筋肉痛を起こしていた箇所に
さらに筋肉痛を上塗りし、この日は筋肉痛で眠れない・・・という前代未聞の快挙・・・でした。
しかし、翌日開催されていた大阪国際女子マラソンで快走し、優勝した福士選手が、昨年三度も
骨折をしながら手にした勝利と知り・・・ぎっくり腰くらいでぐずぐず言っててはダメだ!!
と一瞬思ったものの、いやしかしぎっくり腰だってとてつもなく痛いのだ、との心の声が即座
に湧いてきたのでした。
京都マラソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。