縁起物の「松湯(まつゆ)」で、1年の心身の無事を祈願!

TOPICS

縁起物の「松湯(まつゆ)」で、1年の心身の無事を祈願!
新年を迎える際に、なぜ門松を飾るのかご存じですか? 
門松は歳神様を迎えるための「神の依代(よりしろ)」といわれ、神霊が下界に降りてくるための目印になると考えられていたからです。
松は「まつ」につながり、「神を待つ木」を意味するといわれています。
松に含まれる精油成分には、皮膚を刺激する作用があり、血行が促進されるので、松湯の風呂に入ると身体の隅々まで血液が循環します。その結果、神経痛やリウマチに効き、肩こりや腰痛にも効果があります。
また、松の芳香の中に含まれるα-ピネンなどのテルペン化合物は、疲労感を軽くしてくれる働きがあります。
松の花言葉は「不老長寿」。縁起物の松湯で、1年の心身の無事を祈願してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。