生まれて初めて・・・

TOPICS

こんにちは、スタッフEです嬉しい

6月1日から七泊八日の入院生活、そして一週間の自宅療養を経て

戻ってきました。術後いろいろな禁止事項があり、中でも運動は最後

の最後まで禁止NG、でしたが、7月に入りやっと運動解禁ジョギングとなり

ました。

右目網膜の中心部分、ものを見るのに一番大切な黄斑部にきれいに穴

が開き、視機能が大幅に低下・・・。その穴をふさぐため困った汗生まれて

初めての手術を、京セラドームのすぐ近くにある眼科専門病院で経験

してきました。

眼のレンズの奥にある硝子体を満たしているゼリー状の液体を、白目

に3本の針を刺してそこから吸引し、液体を抜いた後は特殊なガスを

替わりに注入、そのガス圧で穴をぴったし圧迫することで穴が自然に

塞がっていくのを待つ、ひたすら待つ。黄斑部が場所的に目のレンズ

のまっすぐ奥、にあるためそこにしっかりガス圧をかけるために我々

に課せられた試練は、術後ひたすらうつ伏せ姿勢を保つ、ということ

でした冷や汗。また、ガスがレンズに触れると白内障を引き起こすという

理由からも、食事とトイレ以外はうつ伏せ。術後すぐ、主治医からも

「うつ伏せ頑張ってくださいグー!」と激励の言葉をいただいたほどに

ここがこの治療の山場・・・でしたね。

テレビや読書等目を使うことは厳禁、で日がなうつ伏せで横になって

いる時の一番の気晴らし?が、次々と同志が退院した後にすぐに新人

が入って来るわけですが、その人に、翌日に受ける手術の説明をする

看護士さんの話を横から聞くこと、でした。

あーこの人はこんな病気で、こういった手術をするんだー、あーこの

人はガス入れ手術じゃないから、うつ伏せじゃなくていいんだー等々。

そんな中で、同じ手術内容の説明をしていても看護士さんによって、

表現の仕方が微妙~~に違うことに気づきました聞き耳を立てる

「たぶん」痛みは少ない、とか「あまり」痛くない、とか若干ぼや~

~とした説明をする方と、痛みはありません!と言い切り型の説明を

する方がいるのです。というか、私が入院していた間、唯一私に説明

をしてくださった看護士さんのみが言い切り型、でした。

術後、後から後から入って来る新人さんへの他の看護士さんの説明は

すべて「あまり~」とか「それほど~」という修飾が言葉について

いました。

多分そのおかげで、いやまちがいなくそのおかげで、術後談義を同志

とやっている際に、唯一手術が「痛くなかった」と感想を述べたのは

私だけ・・・でした。痛くなかった・・・という私を皆は不思議そ~

にただ見ていましたね・・・。

痛くないと断言された私はそう信じて手術へ挑んだのです。改めて、

信じるものは救われるのだ~、と確信し、さらに私に力強く説明して

くださった看護士の方に、深く感謝をしたのでした。

そしてもちろん、私を手術してくださった、私のスーパードクター

にも深く深く感謝嬉しいです!

 

この後 神戸マラソンの当選通知が舞い込んだ!というなんとも

うれしい神様からの贈り物まで届いたのでした楽しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。