梅雨を乗り切るアレコレ

TOPICS

 

こんにちは、スタッフE楽しいです。

 

梅雨入りと言いながらしばらく雨の降らない日々が続いておりましたが

やっとこの季節らしくなってきました。

ムシムシした雨の毎日あめでも、気の持ちようで楽しく過ごせるもの。

ランニングは、一年を通じて外に出かけて自然と接することが出来るので、

「身体のトレーニング」だけではなく「感性の絶好のトレーニング」ぴかぴか

にもなります。

雨上がり、気温も湿度も高い公園の中、道端に生える草を踏むごとに立ち

上る緑の香り。小雨にふられるのもまた楽しいのがこの時期ならではなの

です。

6月末には、あちこちの神社で「夏越の祓」という行事が執り行われます。

私のランニングコース上にある、住宅の中に佇んでいる神社でもこの時期

境内に’茅の輪’が現れます嬉しい

(元は茅を束ねて作っていたようですが、今は芦や稲わらが多いそうです。

わらを束ねて作った人の身長ほどの高さの輪っかが境内に立っています。)

6月末、といえばちょうど一年の半分が終わったということ。その間に、

知らず知らずに身に降りかかった罪や穢れを祓い落とし、残りの半分の

無病息災を願いながら、その輪をくぐり抜けるという行事なのです。

ランニングがてらいつも立ち寄るこの神社で、毎年茅の輪をくぐるのが

私なりの梅雨の楽しみ、のひとつですあめジョギング

 

 

梅雨時の神社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。