入浴のミニ科学

入浴は病院などで行われるリハビリにおいて、水治療法として採用されています。科学的な見地から入浴を捉えることで、健康上の効果をより高めることができるのです。こちらでは入浴が体にもたらす影響についてご紹介します。

入浴のミニ科学

入浴温度と血圧への影響

微温浴(37〜39℃)では、入浴直後の血圧変動はありません。しかし次第に下降し始め、長時間になると下降したまま持続します。高温浴(42℃以上)では、まず入浴直後の温熱の急激な変動により、交感神経が緊張して皮膚血管を収縮させ、急に血圧が上昇します。さらに静脈還流が大きくなり、心臓に急激な負担がかかります。しかし、2〜3分後には温熱効果で血管の収縮拡張が調節され、入浴前の血圧状態に戻ります。

入浴温度の自律神経への影響

高温浴や極端な冷水浴(24℃以下)は交感神経を興奮させ、心身の緊張を高めて気力は活動的になります。
微温浴では副交感神経が優位となり、鎮静効果が出ます。これにより、気分が落ち着いて眠くなります。

入浴温度と消費カロリーの関係

湯温が体温より高いほど体の消費エネルギー(酸素消費量)が多くなります。例えば42℃の高温浴を20分間行うと、220Kcalを消費します。これを利用し、糖尿病や肥満解消のための減量法として入浴療法を試みる療養所もあります。逆に冷水浴でも、身体が自衛的に体温を維持しようとしてエネルギーを消費することになります。一方、体温に近い不感温度(36℃前後)では、エネルギーの消費がほとんどありません。

静水圧の影響

立位で体を湯に浸すと、身体全体に1t以上の圧力がかかります。そのため、胸の辺りで2〜3cm、ウエスト周辺は3〜5.5cmへこみ、下肢で1.5cm縮みます。この際、心臓や血管に大きな影響を与え、末梢血管、特に静脈系に強い圧力がかかり、心臓への負担が大きくなります。

浮力の影響

体重70kgの人は風呂の中(水中)では約7.3kgと、およそ10分の1の重さになります。つまり、水中ではそれだけ手足の運動が容易になるので、リハビリテーション施設では麻痺患者などの運動機能回復訓練に利用されます。腰痛、また長期間の疾患などで体力、筋力が衰弱したときの回復にも入浴中の軽い運動は効果的です。

浸透圧について

人間の皮膚は一種の半透膜でできており、これを通して体内のいろいろな成分とお湯の中に溶けている成分との交流が起こります。つまりお湯に浸かると体内の成分(ナトリウムやカリウムなどのミネラル物質)が出ていきます。逆に、お湯の中の物質は水と共に体内に入ります。この場合、真水(何も溶けていない)であればあるほど浸透圧の関係で水は体内へ入り、体内から出る物質の量は多くなります。

特殊な入浴法と健康上の効果

  1. 半身浴(腰湯)・・・みぞおちまでお湯に浸し、胸を出して入浴する方法。水圧の影響が少ないので、心臓の弱い方に向いています。
    脳卒中、心筋梗塞、狭心症などの発作後、最初の入浴はこの方法で微温浴を行います。
  2. 部分浴・・・体の一部だけをお湯に浸す方法で、衣服を脱がないという点が普通の入浴とは異なります。種類は以下の3パターンです。
    <足浴(足湯)> バケツにお湯を入れ、毛布やオーバーを被って汗がにじむまで体を温めます。のぼせ・不眠・頭痛などの際に用いられる方法です。三里(ヒザ下10cmくらい)まで浸すと高い効果が得られます。
    <腕浴> 腕だけを温める方法。
    <坐浴> 洗面器やタライなどでオシリの部分だけを湯に浸す入浴で、特に痔によい方法です。
  3. 漸温浴・・・冷たい体で熱い湯に入ると、血圧が急に上がって危険です。この入浴法はそれを回避するために、最初はぬるま湯に入って徐々に温度を上げ(42℃くらいまで)、しっかりと体を温める方法です。
  4. 交替浴・・・非常に刺激が強い入浴法です。40℃で2分、20℃で20〜30秒というパターンを3〜4回繰り返すことで自律神経が強く刺激されます。全身浴でも足浴でも行えますが、心臓病や高血圧の方は刺激が強すぎるので行わないようにしてください。
  5. 蒸気浴・・・蒸し風呂、スチームバスと言われている入浴法です。熱が水蒸気なので水圧がなく、45〜50℃の温度でも血圧に影響を及ぼさないので長時間入ることができます。発汗量が多く、減量や筋肉・関節の痛みを緩和するのに効果的です。ただし、心臓が弱い方には不向きですのでご注意ください。
  6. サウナ・・・室内の温度が60〜100℃に設定されているので多量に発汗します。入浴後に冷水を浴びると爽快ですが、心臓病、高血圧の方にはオススメできません。蒸気浴の湿性に対して、サウナは乾性の入浴法といえるでしょう。
  7. 気泡浴・・・銭湯などでも見かける泡のお風呂で、泡が皮膚にぶつかる刺激で体を温めます。また、超音波を発するものは、体の表面ではなく芯を温めます。リウマチ・神経痛・腰痛・肩こりなどに効果がありますが、長く入っていると疲れるので10分程度にとどめておく方がいいでしょう。
  8. 薬浴(くすり湯)・・・ショウブ湯、ユズ湯など古来からの入浴法で、保温効果、清涼感などが得られます。最近は化学薬品による薬湯が、温泉人気と相まって入浴剤ブームとなっています。
入浴ミニ百科

ページの先頭へ

COPYRIGHT(C) 2007 Inuiu Eiyou Kagaku All Rights Reserved.